ループイフダンで不労所得!メリット、リスク・注意点を解説

ループイフダンで不労所得!メリット、リスク・注意点を解説 アイキャッチ画像 投資

 

FX自動売買って、やってみたいけど、なんだか難しそう

やってもあんまり儲からないんでしょ?

それになんだか危なそう!

という方に向けて、

FX自動売買システムの「ループイフダン」で、毎月平均2万円の収益を上げているもぱんが、

ループイフダンのメリットとリスク・注意点、設定の方法を解説します。

【ループイフダンのメリット】
・注文と決済時に余計な感情が入らないため、安定した収益を上げることができる、初心者でも収益を上げやすい

・一度設定すれば、24時間自動で売買し勝手に稼いでくれる

・裁量トレードに比べて、細かく利益を積み上げていくことが可能

・ループイフダン利用者の約80%の人が資産を増やせている実績がある

・他社より手数料が安く、スワップが大きい

【ループイフダンのリスク・注意点】
・常に含み損が発生する

・強制ロスカットされる可能性がある

ループイフダンのメリット

ループイフダンとは、アイネット証券が提供するリピート系注文システムです。

リピート系注文システムでは、予め設定した通りに自動的に売買が行われるため、裁量トレードと違い、注文と決済時に余計な感情が入らないため、安定した収益を上げることができます。

通常、明日、値が上がるのか下がるのかを予想するのは、なかなか難しいですが、

ループイフダンでは、想定したレンジ内に入っていれば、収益がでるようになっているので、初心者でも収益を上げやすいのがポイントです。

また、一度設定すれば、平日中24時間ずっと自動で売買してくれるため、夜寝ている間でも勝手に稼いでくれます

1日中パソコンに張り付いている必要がないので、平日忙しい会社員や主婦の人でも、できちゃうんですね。

ループイフダンHPより引用

ループイフダンが自動で利益を生み出す仕組み

ループイフダンが自動で利益を生み出す仕組み

ループイフダンHPより引用

収益の仕組みは、買い方向(B:Buy)の場合、「安く買って高く売る」です。

売り方向(S:Sell)の場合、「高く売って安く売る」です。とても単純です。

ループイフダンでは、自動的に売り買いを繰り返すので、裁量トレードに比べて、細かく利益を積み上げていくことが可能です。

上図の例では、やや極端ですが、15万円程の利益差が生じています。

ループイフダンの実績は良好

ループイフダンの実績は良好

ループイフダンHPより引用

ループイフダン利用者の資産は、平均127%アップしています。

また、2019年度は、ループイフダンで約80%の人が資産を増やせています

FXの裁量トレードでは90%以上が負けるといわれている中で、80%が勝っている、

というのは、売買時に余計な感情が入らないループイフダンのメリットのおかげでしょう!

2020年に口座を開設したうち、実に66%は、FX経験1年未満の初心者です。ループイフダンが初心者に優しい設計であることがわかります。

私も、FX未経験の状態から、ループイフダンを始めて、今では月平均2万円の利益を出せています!

私の実績はコチラ→参考記事:【ループイフダン】運用実績報告【2021年4月】

他社よりループイフダンが良い理由

予めオーダーした設定・範囲内で自動的に売買が行われる仕組みを「リピート系注文」といいます。

他にもリピート系注文システムをやっているFX会社があります。

・インヴァスト証券の「トライオートFX」

・マネースクウェアの「トラリピ」

他社よりループイフダンが良い理由は、

1.手数料がかなり安い
2.スワップが大きい
3.取り扱い通貨ペアが20種類と豊富
4.細かい設定をする必要がない

2.のスワップとは、金利が異なる2種類の通貨の売買によって発生する、2通貨間の金利差調整額のことをいいます。

スワップとは

ループイフダンHPより引用

スワップは日をまたいでポジションを持っていると発生し、毎日発生するため、プラススワップでポジションを持ち続けると、その分利益が上乗せされます。

スワップが大きい方が、より利益も上げられます。

 

4.細かい設定をする必要がない、について、例えば米ドル/円だと設定値幅が、10、15、25、50、100pipsの5つしかありません。

他の通貨ペアも、だいたい4~6つの中から選びます。

あまり細かすぎると、初心者はどれから選んだらいいのか分からなくなってしまうので、これくらいが丁度よいです。

事実、この中からだけでもちゃんと考えて選べば、利益が出せます。

自分できっちりと「●●pipsの値幅がいい!」という人は、もっと細かく設定できる他社のものがよいでしょう。

ループイフダンの設定方法

ループイフダンで、設定する点は6つです。

1.どの通貨ペアで取引するか
2.買い方向(B)にするか、売り方向(S)にするか
3.取引する値幅をいくらにするか
4.何ロットの取引にするか(通常1ロット=1000通貨単位)
5.最大ポジション数をいくつにするか
6.損切ありにするか、損切なしにするか

ループイフダンHPより引用

たとえば、「B15」の場合、15pipsごとに買いと売りを繰り返します。

これがもし米ドル(USD)/円(JPY)の場合、1ドル=99.85円で買って、1ドル=100円売る、そして1ドル=100円で買って、1ドル=100.15円で売る、といった感じです。

ポジション数とは、保有する注文済みの数です。

1ドル=100円と99.85円で1ロットずつ買っている時だと、ポジション数は2になります。ここで、1ドル=99.85円のやつが100円で売れて決済されると、ポジション数は1になります。

詳しい仕組みは、ループイフダンのページを参照ください。

そして、前述の6つの点を決めるためには、以下を考えておくことが重要です。

①想定する値動きのレンジ幅はどれくらいか
②用意すべき資金はどれくらいか
③スワップがプラスなのは、買い方向か売り方向か
これによって、設定が決まってきます。

想定する値動きのレンジ幅はどれくらいか

基本的に、想定レンジ幅が大きく、取引する値幅が小さくなれば、多くのポジションを持つ必要があるため、多くの資金が必要です。

その分、細かな値動きに対応できるため、収益は大きくなります。

逆に想定レンジ幅が小さく、取引する値幅が大きくなれば、ポジション数は少なくていいので、少ない資金でOKです。

しかし、細かな値動きに対応できないため、収益は小さくなります。

用意すべき資金はどれくらいか

ループイフダンのHP(ループイフダン®の目安資金表)には、どれくらいの値動きと取引値幅なら、これくらいの資金が必要、という目安表があるので、参考になります。

スワップがプラスなのは、買い方向か売り方向か

そして、スワップがプラスになるのは、どちらの方向か、についてです。

スワップとは、金利が異なる2種類の通貨の売買によって発生する、2通貨間の金利差調整額のことをいいます。

スワップは日をまたいでポジションを持っていると発生し、毎日発生します。

つまり、スワップがプラスである方向でポジションを持っておくと、毎日スワップが貯まっていき、決済時には、価格差による利益だけでなく、スワップによる利益もゲットできます。

ループイフダンのリスク・注意点

ループイフダンで、最終的に損となってしまわないようにするためには、いくつか注意点があります。

常に含み損が発生する

ループイフダンのしくみ

買い方向(B)の場合、値が下がれば、買ってポジションを持ち続け、その間は含み損になります。

しかし、また値が上がってくれば、買ったときより高く売れます。

想定レンジ幅内であれば、収益の種を蒔いている、と考えれば、精神的にもラクになります。

FX自動売買は、設定している方向と逆の相場が続くことも多いので、短期で考えるのではなく、長期的な視点で運用するべきです。

値が想定レンジ幅から外れてしまいそうな時は、自動売買システムのオーダーを停止させます。

そして、またレンジ幅内に入ってきたら、オーダーして自動売買システムを稼働させます。

または、想定レンジ幅と必要資金を見直すか、ですね。

強制ロスカットされる可能性がある

FXで注文が約定されると、「取引証拠金」というものを証券会社が確保してきます。

預かり評価残高がこれを下回ると、強制的にすべてのポジションが決済されるロスカットが発生します。

そうすると、一文無しになってしまいます。

そうならないようにするためには、

・あらかじめ収益を上げるレンジ幅を想定しておく
口座維持率に余裕を持たせる

ことが必要です。

口座維持率」とは、預かり評価残高÷ロスカット値、のことです。

預かり評価残高=口座資産+評価損益です。

口座維持率

上図では、預かり評価残高(175.7343万円)÷ロスカット値(13.81万円)=口座維持率(1272.51%)

となります。

個人的には、暴騰・暴落に備えて、口座維持率を最低でも1000%、余裕をもって1500%程度にするように心がけています。

ループイフダンで損しないために、最も重要なことは、リスク管理です。

欲張りすぎて、自分の資金に対して、想定レンジ幅を大きくとりすぎない、取引値幅を小さくしすぎないことが大切です。

まとめ

【ループイフダンのメリット】
・注文と決済時に余計な感情が入らないため、安定した収益を上げることができる、初心者でも収益を上げやすい

・一度設定すれば、24時間自動で売買し勝手に稼いでくれる

・裁量トレードに比べて、細かく利益を積み上げていくことが可能

・ループイフダン利用者の約80%の人が資産を増やせている実績がある

・他社より手数料が安く、スワップが大きい

【ループイフダンのリスク・注意点】
・常に含み損が発生する

・強制ロスカットされる可能性がある

ループイフダンで損しないための注意点

・想定レンジ幅を明確にし、必要な資金を口座に入れておく
・口座維持率を最低でも1000%、余裕をもって1500%にする

 

いきなり本番の取引をするのが不安な人は、デモ口座で取引の練習ができます。

そちらで慣れて感覚がつかめてきたら、本番の口座で取引するといいですよ。

私も初めは、デモ口座で感覚をつかんでから始めました。

みなさんもループイフダンを始めてみませんか?

ループイフダンの無料口座開設はコチラから→アイネット証券

口座開設+取引で3万円キャッシュバックのキャンペーン中です

 

各通貨ペアの設定については、下記参照ください。

【ループイフダン】ユーロ/円の設定【豪ドル/円との併用がおすすめ】
【ループイフダン】スイスフラン/円の設定【豪ドル/円との併用がおすすめ】
【ループイフダン】豪ドル/円のおすすめ設定【FX自動売買】
【ループイフダン】豪ドル/NZドルのおすすめ設定【FX自動売買】

 

私のループイフダン運用実績報告については、下記参照ください。

【ループイフダン】運用実績報告【2021年5月】
【ループイフダン】運用実績報告【2021年4月】

コメント