インデックスに勝てるおすすめのアクティブファンド!?セゾン資産形成の達人ファンド

投資

こんにちは!も、も、も、もぱんです。

アクティブファンドのほとんどは、インデックスファンドに勝てないと言われています。

だからこそ、無難にインデックス投資が王道!最も確実!

しかし、中にはインデックスファンドに勝っているアクティブファンドも存在します。

今回は、もぱんのメインの投資先の1つであり、

インデックス投資に勝っている「セゾン資産形成の達人ファンド 」について、評価、解説します。

セゾン資産形成の達人ファンドの概要

・2006年設立、約14年の長期実績あり

全世界株式アクティブ運用

・真に投資家のためになる、長期的な資産形成に適した運用を目指している

・実質コストは、年1.44%。
「先進国株式・アクティブ」という同じカテゴリー内では、安い方に分類される

・長期積み立て投資で買うべき投資信託の6つの基準は、すべて満たしています!

MSCI オール・カントリー・ワールド・インデックス(MSCI ACWI)との比較

ここでは、全世界株式の有名な指数である「MSCI オール・カントリー・ワールド・インデックス」

との比較で、「セゾン資産形成の達人ファンド」が優秀かどうか検討していきます。

コスト

「MSCI ACWI」を指標とするインデックスファンドで、

2021年3月時点で最安値の「eMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)」と比較します。

・セゾン資産形成の達人ファンド:年1.44%

・eMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー):年0.16%

→その差は、年-1.28%!

セゾン資産形成の達人ファンド」と「eMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)」の運用報告書より引用

セゾン資産形成の達人ファンドは、同じアクティブのカテゴリー内では安いといっても、

インデックスファンド最安値と比べると、1%以上の差があります。

問題は、リターンで、この1.28%以上の成績差を付けられるかです。

トータルリターン

トータルリターン(年率)

セゾン資産形成の達人 MSCI ACWI セゾン-MSCI
1年 27.3 16.3 11
3年 10.9 10.9 0
5年 14.3 14.8 -0.5
10年 14.7 9.4 5.3

シャープレシオ

セゾン資産形成の達人 MSCI ACWI
1年 1.16
3年 0.56 0.58
5年 0.84 0.93
10年 0.86 0.66

データは、「モーニングスターのセゾン資産形成の達人ページ」と「MSCI社のMSCI ACWI Index」から引用(2021年3月19日時点)

これをみると、「セゾン資産形成の達人」は、「MSCI ACWI」と比べて、

10年平均年利で5.3%上回っています。

これに、先程計算したコスト差-1.28%を考慮すると、総合的には約4%上回っています

「セゾン資産形成の達人」は、インデックスに比べて、約4%成績がよい!

1年や3年などの短期ではなく、10年という長期間の成績を比べていますので、

「セゾン資産形成の達人」は、長期的にみてインデックスに勝っているアクティブファンドと言えそうです!

また、リスクも加味した効率的な運用ができているかの指標であるシャープレシオも、

「セゾン資産形成の達人」の方が0.2程上回っており、値自体も0.5以上と良いですね!

国・地域別構成比

セゾン資産形成の達人ファンド」と「eMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)」の目論見書より引用

「セゾン資産形成の達人」は「MSCI ACWI」と比べて、

アメリカの割合が10%程少なく、その分日本や新興国が多いようです。

まとめ:実質リターン約4%勝っている!

「セゾン資産形成の達人」は、インデックスに比べ、長期的にみて

トータルリターン、コスト、リスクを総合的に考えて、約4%も成績がよいことが分かりました。

これは、過去10年間の成績なので、必ずしも未来の成績を保証するものではありません。

でも、過去の実績が良くないものには、今後も投資しようと思いませんよね。

もぱんは、インデックスより過去の実績がよいことに加えて、

セゾン投信の創設者が書いた下記の本を読んで、

セゾン投信の設立理念にも感銘を受けたこともあり、メインの投資先の1つにしています。

これからもインデックスに勝ち続けるアクティブファンドと信じて、積み立て投資を続けていこうと思います。

証券口座は、ネット証券口座開設数No.1、取り扱い投資信託数No.1、手数料が業界最低水準

のSBI証券がオススメです!

【注意事項】
・当ブログでは、データやもぱんの主観に基づき、投資、金融商品について、解説しますが、読者の利益を保証するものではありません。
・万が一、損害を被ったとしても、一切の責任を負いかねます。
・したがって、投資・金融商品の購入に関して、最終的な判断は、自己責任でお願いします。

コメント