【医師が語る体験談あり】五月病・六月病 症状と対策

医療・医学

 

調子悪い様子

うーん、GW明けからなんか体がだるいし、やる気でないし、学校や会社いきたくないなぁ~

と、思ったら、それは五月病・六月病かもしれません。

 

今回は、医師であるもぱんが、五月病・六月病の症状や対策・対処法について解説し、自身の体験談もお話しします。

・五月病かもしれないと思っている人
・五月病っぽいけど、どうしたら良くなるか知りたい人

に向けて解説します。

五月病・六月病とは、一定の時期に発症する適応障害

五月病・六月病とは、一定の時期に発症する適応障害

五月病とは、もともと大学入学後、入試の緊張が解消し、新しい生活への適応を図るべき5月連休明け頃から出てくる、抑うつ症状や無気力状態のことを言います。

今では、新社会人においても5月連休明けから、同様の症状がでてくるため、学生に限らず、一般社会人にも広く用いられています。

4月の段階では、新しい環境の自分における位置づけがまだできていません。

緊張感をもって日々を過ごしおり、とりあえず適応しようと努力をしています。

しかし、1か月を過ぎた頃からある程度状況が把握できてきて、少し自分を振り返ることができるようになってきます。

このとき、過度に頑張っていた人・自分の能力の範囲を超えて適応努力をしてきた人はどっと疲れを感じます

この疲れが、週末・有休でゆっくり休めば回復する通常の疲労では済まず、「もう頑張れない」ところまで追い詰められてしまうのです。

GWで一定のまとまった休みがとれると、緊張感が途絶え、自分がいかに疲れていたかを実感します。

そしてそこから、緊張感を再び維持していく自信がすっかりなくなってしまうのです。

また、5月後半~6月は休日が全く存在しません。

4月の1か月を頑張るのに比べて、夏休みまでが遥かに長く感じられるのも、ゆううつさを助長します。

ゆううつさ

6月頃に、抑うつ・無気力の症状がでる場合を「六月病」と言っています。

医学的には、「五月病・六月病」という正式な病名があるわけではなく、その時期に発症した適応障害のことを指します。

■適応障害とは
・はっきりとしたストレス因があり、そのストレス因から3カ月以内に抑うつ状態などの症状がでる病気・その症状は、通常の予測を遥かに超えた苦痛であり、学業・仕事上に大きな支障をきたした状態になります・ストレス因から離れる・なくなると、症状が良くなります

適応障害による抑うつ状態が長く続くと、うつ病に移行してしまうこともありますので、早めの対処が必要です。

五月病調査結果

参考文献3)より引用

学生の約15%が五月病になったことがある、という調査結果1)

五月病になったことがある時期は、社会人1年目で約33%、社会人1~3年目で約54%という調査結果2)が報告されています。

また、五月病になったことがある20代男性は約23%20代女性は約39%という調査結果もあります3)

誰しも五月病・六月病になる可能性があるのです。

五月病・六月病の症状

五月病・六月病の症状

身体の不調

不調
  • 眠れない
  • 疲れやすい、体がだるい
  • 頭が重い、頭痛がする
  • 食欲がない
  • 動機がする
  • めまいがする

身体の症状が前面に出た場合、内科的な病気を疑って、まず内科を受診する人も多いです。

しかし、検査でも大して異常は見られず、とりあえず出された内科の薬も効果がありません

そういう時は、五月病・六月病の可能性があります。

心の不調

ため息

  • 落ち込む、おもしろくない、憂うつ、感動がない
  • 考えがまとまらない、考えが浮かばない、判断力が低下し決断がつかない
  • やる気が出ない、億劫である、気力がわかない
  • 物忘れがひどくなる
  • 落ち着かない、不安である
  • イライラする、怒りっぽくなる
  • 自分は何もできないダメな人間であると感じる

身体の症状だけでなく、心の不調を表す症状がいくつも出ているようであれば、五月病・六月病の可能性は高くなります。

社会的不適応の状態

不登校

身体と心の症状がいくつも出てしまうと、社会的な状況に適応できなくなってきます。

  • 学校に行けない
  • 授業についていけない
  • ゼミの先生や仲間とうまくコミュニケーションがとれない
  • 会社に行こうとすると、頭痛や吐き気、微熱、腹痛、下痢をする
  • 上司の声を聞いただけで動悸がする
  • 机に座っても全く仕事をこなせない
  • 残業するのに仕事が終わらず、深夜に帰宅するが眠れない
  • 翌朝疲れが全くとれずに出勤するため、仕事のミスが増える
  • 指示された内容を覚えられない

こうした状況になると、学校や職場では、周囲から「困ったヒト」という印象を持たれてしまい、状況はますます悪化していきます。

五月病・六月病のストレス因子

五月病・六月病のストレス因子

五月病・六月病のストレス因子は、4月の環境変化です。

【学生の場合】

  • 進学進級

【社会人の場合】

  • 就職、異動、転勤、単身赴任、職務内容の変更、職場の上司や同僚の異動

【学生・社会人に共通】

  • 引っ越し・住む地域の変更:気候の変化、人口密度の違い、生活感の違い
  • 一人暮らしの開始

上記のような自分の周りの環境の変化が大きなストレスとなり、その変化にがんばって適応しようと頑張るけど、頑張り切れなくなって、発症します。

五月病・六月病の対策・対処法

疲れたら休む

五月病・六月病の対策・対処法

五月病・六月病は、新しい環境に適応しようと努力して、緊張してがんばりすぎている状態です。

休む、というのは、「だらける」という意味ではありません。

よく睡眠を取り、栄養のバランスがよい食事を取ることを心がけてみましょう。

また、家族に五月病・六月病の方がいて、心身ともに疲れている場合は、励ますのではなく、とにかく休息を取らせてあげましょう。

本人が休みたくても休めない心境になっていることが多いため、その時に励ましてしまうと、余計に窮地に追い込まれてしまいます。

メリハリをつけた生活を送る

メリメリハリをつけた生活を送る

仕事一本、家事・育児だけで一日が終わる生活をしていては、リフレッシュできず、気も滅入ります。

時には、普段とは違う事をやってみることで、気分転換、心がリフレッシュされます。

また、規則正しいリズムの生活を送ることも大事です。

休息をとる、といっても、休日に昼過ぎまで寝ているのは、生活リズムが乱れるため、よくありません。

遅寝するにしても、いつもの1~2時間後までにしておいて、朝日が照っているうちに、朝の光を浴びて、生活リズムをと整えましょう!

運動する

運動する

一日中、デスクに座って事務仕事や、パソコンに向き合うデスクワークが多い場合、適度に体を動かすとリフレッシュになります。

軽いジョギング、仲間とスポーツをするなど、積極的に体を動かしていきましょう。

音楽・映画鑑賞、読書でリフレッシュ

読書

反対に、肉体労働をする人は、むしろ体を使わない音楽・映画鑑賞、読書などがお勧めです。

普段肉体を酷使している場合に、さらに運動すると身体が休まらないため、体を使わない活動でリフレッシュしてみましょう。

暴飲暴食、過度のアルコール、喫煙はしない

飲酒

いくらストレス解消、リフレッシュのためであっても、暴飲暴食、過度のアルコール、喫煙は、最終的に心身に悪影響を与えます。

  • 暴飲暴食:胃腸への影響
  • 過度のアルコール:肝臓への影響や、アルコール依存症のリスク
  • 喫煙:肺癌、喉頭癌をはじめとする各臓器の癌のリスク

食べ過ぎず、お酒もほどほどにしておきましょう。

ストレス解消方法 ランキング

ビジネスパーソン1000人のストレス解消方法

ビジネスパーソン1000人のストレス解消方法ランキング3)上の表の通り。

全体の1位は「美味しい物を食べる」48.4%、次いで「身体を動かす」、3位「睡眠・休息をとる」という結果でした。

これらを参考に、みなさんも自分なりのストレス解消方法をいくつか持っておくようにしましょう!

自分だけで対処できない場合は、人に相談、精神科を受診

自分だけで対処できない場合は、人に相談、精神科を受診

五月病・六月病っぽいけど、自分だけで対処できない場合は、信頼できる人に頼りましょう!

適応障害の一種である五月病・六月病は、長引くとうつ病に移行する可能性があります。

どうしても辛い場合は、専門家である精神科を受診することをためらわないでください!

「精神科」「心療内科」と聞くと、敷居が高く感じるかもしれません

でも、アナタの辛さを受け止めてくれる優しい先生が待っています!

大きく社会的な活動に支障がでている状況なら、迷わずに専門家に相談してみてください。

五月病の体験談

五月病の体験談

ここからは、私自身の体験談をお話しします。

私は、高校1年生の時と、社会人1年目のときに、五月病になっています。

高校1年生の時

教室

高校受験を経て、公立の進学校に進学し、高校生となりました。

高校では、中学までと比べて、急に授業の難易度が上がったように感じたのを覚えています。

主要教科の中でも、特に数学が苦手だったため、数学が急に難しくなり、毎日ヒイヒイ言ってました。

高校は10クラスあり、中学校で一緒だった仲の良い友達や、密かに想いを寄せていた人ともクラスが離れ離れになってしまい、なんだかつまらない気持ちでした。

クラスのみんなは、新しく出会う人ばかりだったので、必死に仲良くならなきゃ!と気を張っているかんじでした。

4月の部活見学では、興味があった「放送部」に体験入部しました。

私が思い描いていた「放送部」は、昼休みの校内放送でラジオみたいなことをやったり、動画をとって短い番組制作みたいなことをするところでした。

しかし、実際に体験入部した「放送部」は、原稿の読み、アナウンスや朗読の練習ばかりしていました。

部活のアテが外れた私は、またつまらなくなってしまいました。

悩んだ表情

せっかくがんばって勉強して入ったのに、数学は難しくてついていけない。

テストの順位も下がって、上には上がいることを思い知らされた。

クラスには仲の良い友達も好きな人もいないし、

面白そうだと思っていた部活は面白くなさそうだし

はぁ、なんだか疲れたし、つまんないなぁ。もう何もしたくないなぁ

 

とまぁ、高校1年生のときはこんな感じでした。

さほど深刻ではないんですが、「思い描いていた学校生活ではなく、勉強も難しくなって、疲れた」

といったところです。

この時は、結局、どうやって対処できたか、というと、

別の部活に入り、そこがとても居心地が良く、良い友達もたくさんできたので、徐々に学校生活楽しくなっていきました。

社会人1年目

研修医

国家試験に合格し、医師免許を手に入れても、「医師」としては、実質まだ何もできません。

「研修医」という見習い期間2年間を経て、徐々に一人前の医師へとステップアップします。

研修医は、1~3カ月ごとに各科をローテートして、その科の知識や技術を学びます。

私は、医師になって初めの2か月は、「消化器外科」で研修しました。

胃や胆のう、腸などの手術を行う科です。

医師になりたての頃は、基本的な医療技術である「採血」や「点滴用の留置針の確保」すら、ままなりません。

最初の1カ月は、気付いたら半日、その手技に時間を費やしていました。

それ以外にもやること・覚えることはたくさんあります。

  • カルテの書き方
  • よく使う薬の使い方、処方の仕方、副作用について
  • 腹部の診察の仕方
  • 問診の仕方
  • 患者さんとの上手なコミュニケーションの取り方
  • 看護師さんなど医師以外のスタッフとのコミュニケーションの取り方
  • 併診状、診断書などの書類の書き方
  • 皮膚縫合の仕方
  • 手術の助手としての立ち振る舞い方 etc….

とにかく、やることだらけです!!

それ以外にも、「飲みニケーション」、いわゆる「飲み会」ですね、これも盛んにおこなわれました。

上の先生に誘われたら、基本的には断れません。

どんなに明日までに勉強しとかなきゃ!ということがあっても、

どんなに疲れていても、飲み会はいかなければなりませんでした。そういう雰囲気だったのです。

当時の私は、

カルテも完璧に書くし、薬や手技の勉強もちゃんとやって、

上の先生から言われた仕事も全部やって、頑張るんだ!!

と、意気込んでいました。

 

当時、一緒に外科をローテートしていた同期からは、

医師困った表情

そんなんじゃ続かないから、ヤメとけよ

と、言われていましたが、私は聞きませんでした。

外科の先生の中には、きまぐれな先生がいて、昨日と今日で言うことが違うことがありました。

また、A先生に「こうしなさい」と言われたことを、B先生の前でやったら怒られた、なんて日常茶飯事でした。

また、私が

○○さんの皮膚縫合、私が担当してもよろしいでしょうか?

と、積極的にアピールしても、

dr angry

要らない

と、却下・拒否されたこともありました。

とにかく理不尽に言われることが多かったのを覚えています。

2か月目の終わりになってきて、私は、心身ともに段々と疲れていきました

朝起きたら、疲れはとれていないし、憂鬱で、病院に行きたくない気持ちでした。

それでも、頑張らなきゃと奮い立たせて、病院に行って仕事をしました。

そして、2か月目の最終週、実は私にはそのときの記憶がありません。

自分では、最後までちゃんと外科で仕事をしていたつもりになっていたのですが、

一緒に外科をローテートしていた同期からは、

医師困った表情

おまえ、最後の週、病院に来てるだけで、カルテすら書いてなかったよ

という、衝撃の一言を後になってから、聞かされました。

「完全に心ここにあらず」だったようです。

おそらく、当時は病院に行くだけでもう精一杯だったんだと思います。

それほどまでに追い詰められていたのでしょう。自分では当時気付きませんでした。

その後、どうやって立ち直ったか、というと、

次には余裕のある科のローテートになり、研修医の扱いも外科ほど理不尽ではなかったので、徐々に心を取り戻していきました。

研修医の同期に支えられたことも大きかったと思います。

あのままずっと外科で研修していたら、五月病から適応障害・うつになっていたかもしれません。

燃え尽きた人

適応障害もうつもそうですが、真面目にがんばりすぎてしまう人ほど、ある一定の限界を越えると、もうそれ以上がんばれなくなってしまいます

心のエネルギーが枯渇するんです。

ガソリンがない車を走らせようとしても、走ることはできません。

そういう時は、無理しないでガソリンを補給する=休息するようにした方がよいのです。

五月病・六月病 症状と対策のまとめ

まとめ

五月病・六月病とは、一定の時期に発症する適応障害のことです。

五月病・六月病の症状には、身体の不調心の不調があり、それゆえに社会的不適応の状態となります。

五月病・六月病のストレス因子は、4月の環境変化です。

五月病・六月病の対策・対処法は、

  • 疲れたら休む
  • メリハリをつけた生活を送る
  • 運動する
  • 音楽・映画鑑賞、読書でリフレッシュ
  • 暴飲暴食、過度のアルコール、喫煙はしない
  • 自分だけで対処できない場合は、人に相談、精神科を受診する

です。

適応障害の一種である五月病・六月病は、長引くとうつ病に移行する可能性があります。

どうしても辛い場合は、専門家である精神科を受診することをためらわないでください!

「精神科」「心療内科」と聞くと、敷居が高く感じるかもしれません

でも、アナタの辛さを受け止めてくれる優しい先生が待っています!

大きく社会的な活動に支障がでている状況なら、迷わずに専門家に相談してみてください。

【参考文献】
1)2018年 イー・ラーニング研究所による親を対象とした「子どもの新生活に関するアンケート」
2)2019年 株式会社タイズによるインターネット調査
3)2018年 チューリッヒ生命によるビジネスパーソンが抱えるストレスに関する調査
4)西村由貴:五月病.診断と治療 99(4): 698-701, 2011.
5)牧口幸一:こんな症状が出たら「五月病」を疑ってみる.隔月刊社会保障 (388): 92-93, 2003.
6)坂野雄二:五月病とうつ病.治療学 34(12): 1322-1324, 2000.

コメント