【3,4歳向け】2児の父が選ぶおすすめ絵本11選

育児

 

語彙力の向上や、想像力を豊かに育てる絵本の読み聞かせ

我が家では、寝る前の読み聞かせを習慣にしています。

今回は、2児の父(4歳、1歳の娘)がおすすめの絵本を紹介します!

ノンタン シリーズ

かわいい白猫のノンタンが織りなす物語


 

・「がんばるもん」では、ケガして病院で手当てをうけるノンタンを応援して、こども自身も注射がんばろう!という気にさせてくれます

・「いもうといいな」は、妹が生まれる子にはぴったり!きょうだいがいる子の気持ちをよく表している1冊です

・ほかにも、「おねしょ」「およぐ」「ぶらんこ」など小さい子に身近なテーマが揃っています

・「おはよう」「しーしー」「いない いなーい」など赤ちゃん版のシリーズもあります

おばけの「さくぴーとたろぽうのおはなし」シリーズ

かわいいおばけの姉弟「さくぴーとたろぽう」のおはなし

 

・人間と逆で、昼に寝て、夜起きる生活

・お父さんは「人をおどかす」のが仕事だったり・「くもの巣が大好物!」「おばけってホントにこんな食べ物が好きなのかな?」という面白い食べ物がでてきます

・朝になってお日様の光を浴びすぎると、足が生えてきちゃう、という設定も面白い

「怖くないおばけがいたら、日常はこんな感じなのかな?」と想像がふくらむ、うちの子もお気に入りの絵本です

どろぼうがっこう

立派などろぼうを育てる泥棒学校の先生と生徒たちのユカイなおはなし

どろぼうの学校?どんなだろう?と設定の時点でワクワク引き込まれちゃう

・校長先生は五右衛門ヘアーとキャラ濃ゆ目・生徒に宿題として、何か盗みをさせて、それを評価するが、盗んでくるものは自分ちのものだったり全然ダメダメだけど、おちゃめで憎めない

・遠足で、町で一番大きい屋敷に忍び込んで盗みを働こうとするが、そこは泥棒たちが最も入ってはならない「アノ場所」で・・・しまった!となかなかユカイです

・シリーズの他の本では、「だつごく」したり「うんどうかい」をしたり、どれも楽しい1冊です

バーバパパ シリーズ

バーバパパ・ママ・7人の子供たちが繰り広げる愉快な物語

 

自由に姿・カタチを変えられるバーバパパたち

・それぞれ色や好きなこと・得意なことが違って、個性豊か

カラフル色んなカタチになれるので、見ていてとても楽しい!

・そんなキャラクターたちに自分を重ねて、お気に入りの子が見つかり、自分の子にも既に個性があるんだなぁと実感できます

・「いえさがし」では、それぞれ自分たちの好きな部屋を作っていくので、その個性が光ります

もりはおもしろランド シリーズ

森の小動物たちが巻き起こすユカイな大さわぎを描いた傑作幼年童話

 

・ハリネズミのゆうびんやさん
・いたちのおかしやさん
・ねずみのはいしゃさん
・たぬきのおもちゃやさん など森のどうぶつ達がみんな「○○やさん」になっていて、心温まる楽しいお話を繰り広げます

・森で暮らす仲間の人間関係が温かくて読んでいても優しい気持ちになれます

「はいしゃさん」
あらいぐまさんが虫歯で入れ歯を作ってあげますが、ねずみの歯医者さんがその入れ歯がなくしてしまって大変!
→とかげさんが靴干しにつかっちゃってたよー、やれやれ!みたいな感じです

個人的には、「おかしやさん」が好きです。

お菓子屋のいたちさんはいつもお誕生日にその人の形をしたケーキを作るのですが、自分の誕生日は忘れています。

気を利かせた森の仲間は、いたちさん自身に、気付いたらいたちさんの形になってるようにケーキをオーダーして、サプライズ!!っていう心温まる感じです。

だるまちゃんとてんぐちゃん

てんぐちゃんの持っているものを何でも欲しがるだるまちゃんの物語を、親しみやすい絵とユーモアたっぷりで語る絵本

・だるまちゃんは、友だちの「てんぐちゃん」のうちわや帽子などちょっと変わった持ち物が欲しくてたまらない

・お父さんが色々持ってきてくれるが、納得がいかない・家にあるものの中から自分で工夫してみつけていくだるまちゃん

・最後には、てんぐちゃんの長い鼻が欲しくなってしまうが、お父さんは「お花」を持ってきてしまう

・でも、あるもので見事だるまちゃんは、長いお鼻を手に入れちゃいます

・お父さんが持ってくるものはたくさんあるので、こどもに「これはどうかな?」「これなんててんぐちゃんの帽子に似てないかな?」と一緒に探してみると楽しいですよ

いつつごうさぎのきっさてん

とっても可愛い五つ子うさぎの喫茶店のおはなし

・いつつごうさぎは、料理がとっても得意

・いちご畑にやってきて、おいしいいちごをたくさん摘みます

・そうだ!いちごをたくさん作ったお料理をしよう!

・ケーキやパフェなど大繫盛です

・とにかく絵がとてもキュートで、女の子なら見入る事間違いなしです!

はらぺこあおむし

小さなあおむしが美しい蝶に成長するまでを描いた、大人気の絵本

・生まれたてのあおむしが、お腹が痛くなるまで、いろんなものをたくさん食べます

・月曜日に1個のりんご、火曜日に2個の梨、水曜日に3個のすもも・・・自然と数と曜日の概念を覚えます

・ちっぽけだったあおむしが、やがてサナギになり、美しい羽をもつ蝶へと成長する姿をみて感動し、希望と元気をもらえます

色彩豊かな絵ページに穴があいた仕掛けがあり、見ても楽しめるし、指を入れて遊んでも楽しめます

・さすが45年間世界的ロングセラー絵本といったかんじです

バビブベボディ

人体のことが楽しく学べるDVD付き絵本

・一風変わったタイプの絵本

臓器を楽器に見たてたかわいいキャラクターがいます

・しっかりと人体や臓器の仕組みについて解説されています

・付属のDVDをみると、より理解できます

・人体、臓器の驚異の映像から始まり、その映像の秘密に迫っていく展開にみんな興味津々

4歳の娘もこれをみて

「あー、食べ物がのどから気管にはいっちゃうと、お咳がでちゃうんだー。なるほどね」

とちゃんと理解した様子で、スゴイなぁと思いました。

名作よんでよんで シリーズ

ありとあらゆる名作をコンパクトに凝縮したシリーズ

 

大きくてかわいいさし絵に、子どもが夢中になれる

・一話がコンパクトにまとめっている

・全話解説つき

・とにかく古今東西の名作を読み聞かせてあげられる

「グリム童話」「イソップ童話」「アンデルセン童話」「わらいばなし」「どうぶつのはなし」「伝記」「星と神話の話」などラインナップが豊富!

100かいだてのいえ シリーズ

・ある日、100階建ての家のてっぺんに住むある「人物」から、「家に招待してくれる」という手紙が届く

・主人公は、その家にいってみると、10階ごとに住んでいる生き物が違うことに気付く

生き物によって異なる、家の中の構造や生活風景が楽しい!

・各生き物の楽しいおうちの中が見れて、「次はどんな生き物が住んでいるんだろう??」とワクワクしながら、読める

・最後に、「自分を招待した者は何者だったのか?」という謎が分かる、というオチつき!

ほかにも

  • ちか100階建て
  • そら100階建て
  • うみの100階建て
  • 100階建てのバス
  • すうじかるた 100階建て
と、いろんなパターンがあって、面白いですよ!

どんどん絵本を読み聞かせよう

絵本を読むのが好きな子になれば、将来的に勉強や読書が好きになる可能性も高くなります。

絵本は一回だけでなく、同じ絵本を何回も読み聞かせるのが重要です。

こどもも大人も覚えるまで読み聞かせましょう!

うちの子は10~20回以上読み聞かせて、絵本が大好きな子になってきています。

プロフィール画像

大人も童心に帰って、一緒に楽しみましょう!

 

コメント